解体工事業の許可を取るための、主任技術者の資格要件のうち、注意しなければならない資格があります。

それは、とび技能士の資格です。

とび技能士という資格は、都道府県職業能力開発協会が実施している検定制度で国家資格です。

とび技能士には、1級から3級までありますが、解体工事業の主任技術者となれるのは1級と2級です。

ただし、1級は文句なく資格がありますが、2級の場合は、合格後、解体工事に関して3年以上の実務経験が必要となります。そのため、実務経験が3年以上あることを証明しなければなりません。

例えば、とび・土工工事の実務経験があるといっても、とび・土工工事の中に解体工事が含まれていなければなりません。

このケースに当てはまる方は、この点に注意して、申請してくださいね。