来年(2019年)の6月1日以降は、解体工業業の許可がなければ、解体工事ができなくなることをお忘れになっていませんか?

平成28年6月1日時点で、とび・土工工事業の許可を受けていれば、平成31年(2019年)5月31日までは、解体工事業の許可がなくても解体工事ができることになっていましたが、その経過措置の期間が終わりに近づいています。

ですので、今後も引き続き解体工事を行う業者の方々は、来年の5月31日までに解体工事業の許可を取得しておかなければいけません。解体工事業の業種追加が必要です。

しかし、間際になって申請しても許可はすぐに下りません。少なくとも1か月以上前に申請しておく必要があります。

また、そもそも解体工事業の許可が取れるのか、要件を確認しておく必要があります。

4月末から5月の初旬は、ゴールデンウイークで許可を出す役所もお休みになりますので、遅くとも4月中には申請を済ませる必要があるでしょう。

くれぐれもお忘れなく。