鳥取県の建設業許可、経営事項審査、入札参加資格審査のことなら中尾泰雅行政書士事務所にお任せください。
ブログ

専任技術者

実務経験が10年以上なくてもいい場合とは

実務経験だけで専任技術者になろうとすると、その業種について、原則10年以上の実務経験が必要となります。しかし、現在では、一部の業種で10年以上という要件が緩和されています。それは以下の場合です。 実務経験10年以上が緩和 …

専任技術者の実務経験にご注意

許可を受けようとする業種について、専任技術者になるために必要な実務経験は次のとおりです。 高校の所定学科卒業後5年以上の実務経験 大学の所定学科卒業後3年以上の実務経験 10年以上の実務経験 この実務経験の期間は、具体的 …

実務経験10年以上把握していますか?

一般建設業の許可を受けようとする場合に、専任技術者を営業所ごとに置かなければいけません。 その専任技術者になれる要件のひとつに、 「許可を受けようとする建設業に係る建設工事に関して、10年以上実務の経験を有する者」という …

専任技術者になれる専修学校卒業者とは?

一般建設業の専任技術者になる要件のひとつに、 指定学科修了者で、専門学校卒業後5年以上実務の経験を有する者又は専門学校卒業後3年以上実務の経験を有する者で専門士若しくは高度専門士を称する者 というのがあります。これをもっ …

専任技術者 実務経験10年以上ないとなれないの?

一般建設業の許可を受ける場合に、専任技術者となる資格のひとつに ・許可を受けようとする建設業に係る建設工事に関して、10年以上実務の経験を有する者 というのがあります。 原則はそうなのですが、この要件が緩和されていること …

専任技術者、主任技術者、監理技術者の違いは?

建設業法の技術者の名称として、専任技術者、主任技術者、監理技術者というのがありますが、この違いをおわかりですか? まず、専任の技術者は、主任技術者や監理技術者と違い、営業所に配置される技術者で、これは許可基準となっていま …

専任技術者の要件緩和とは

建設業許可を受けて営業しようとする場合に、その営業所ごとに必ず一人の「専任の技術者」をおかなければなりません。 「専任の技術者」とは、その営業所に常勤して専らその業務に従事する者をいいます。 この専任の技術者には、当然の …

PAGETOP
Copyright © 建設業許可鳥取代行センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.