鳥取県の建設業許可、経営事項審査、入札参加資格審査のことなら中尾泰雅行政書士事務所にお任せください。
ブログ

解体工事業

解体工事業者登録を受けられないとき

今日お伝えするのは、解体工事業者の登録を受けられない場合についてです。 下記の事由に当てはまれば登録が受けられませんし、わかれば申請の際に登録を拒否されますので注意してください。 1.解体工事業の登録を取り消された日から …

解体工事業許可をなぜ取るべきか

これまで何度もお伝えしていますが、来年(2020年)の6月1からは、解体工事業の許可がないと解体工事ができなくなります。 現在は、平成28年6月1日から3か年の経過措置として、とび・土工工事業の許可を持っていれば解体工事 …

とび技能士の資格で解体工事業の許可を取るには

解体工事業の許可を取るための、主任技術者の資格要件のうち、注意しなければならない資格があります。 それは、とび技能士の資格です。 とび技能士という資格は、都道府県職業能力開発協会が実施している検定制度で国家資格です。 と …

解体工事業の許可の取得をお忘れなく。

来年(2019年)の6月1日以降は、解体工業業の許可がなければ、解体工事ができなくなることをお忘れになっていませんか? 平成28年6月1日時点で、とび・土工工事業の許可を受けていれば、平成31年(2019年)5月31日ま …

リフォーム工事は解体工事か?

住宅の「リフォーム」という言葉はすでに一般に定着していますが、ウィキペディアによると、以下のように定義されています。 リフォームとは、居住の改築や改装のことで、特に内外装の改装を差す和製英語。 英語のreformは「改心 …

工事経歴書に「解体工事」を書くときには注意!

許可申請や決算変更届の際に、必ず提出しなければならない書類に「工事経歴書」があります。 この工事経歴書は、許可を受けようとする、あるいは許可を受けている建設業に対応する工事ごとに作成することとなっています。 その際、解体 …

附則第4条の資格区分コードとは

解体工事業の業種追加申請や般特新規申請の際に有資格区分コードを記入する必要のある様式があります。例えば、次のような様式です。 様式第1号別紙四 様式第8号 様式第11号の2 解体工事業の資格者については、平成33年3月3 …

技術者要件に関する経過措置とは

平成28年6月1日から施行された解体工事業に係る法改正に伴う経過措置には、技術者要件に関するものもあります。 技術者要件に関する経過措置 1.平成33年3月31日までの間は、とび・土工工事業の技術者も解体工事業の技術者と …

とび・土工工事業で解体工事ができなくなる!?

平成28年6月1日から「解体工事業」があらたに建設業許可の業種に加わりました。これは建設業法の改正によるものですが、経過措置が講じられています。 経過措置とは、法律を改正し制度が変わると、当面あらゆる場面で支障が生じるこ …

解体工事業者の登録とは

軽微な解体工事をのみを請け負う場合には、その解体工事業者は、解体工事を行おうとする区域を管轄する都道府県知事の登録を受けなければなりません。これは「建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律」(略称「建設リサイクル法」) …

1 2 »
PAGETOP
Copyright © 建設業許可鳥取代行センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.