このたび、経営業務管理責任者の要件の一部が明確化され、6月30日から施行されています。

その内容は、簡ざっくり言うと、

1.経営業務の管理責任者に準ずる地位に、「組合理事、支店長、営業所長又は支配人に次ぐ職制上の地位にある者」が加えられた。

2.執行役員等としての経営管理経験に、「許可を受けようとする建設業以外の建設業に関する執行役員等としての経営管理経験」も認められた。

3.下記に該当する経験が、経営業務管理責任者要件となるためには、6年以上の経験期間が必要と定められた。

  • 許可を受けようとする建設業に関する補佐経験
  • 許可を受けようとする建設業以外の建設業に関する経営業務の管理責任者としての経験
  • 許可を受けようとする建設業以外の建設業に関する執行役員等としての経営管理経験

以上について詳しくは、国土交通省のコチラのページを参照してください。

経営業務管理責任者の大臣認定要件の明確化について