建設業許可を受けたら、許可を証する標識(建設業の許可票)を営業所や工事現場に掲示しなければなりません。(建設業法第40条)

どういうものかというと、こういうものです。

建設業許可の標識

標識には2種類あります。

1.営業所(店舗)に掲示するもの

2.工事現場に掲示するもの

そして、それぞれ様式が決まっています。鳥取県の建設業許可の手引きから引用すると、次のとおりです。

建設業許可標識の様式

 

許可を受けて安心してつい忘れがちになりますが、忘れずに作製して掲示しましょう。

特に、営業所に掲示するのがおざなりになりがちですが、

現在、許可の更新時に営業所の写真を提出することになっていて、この標識がきちんと掲示されている写真も提出することになっていますので注意が必要です。